「 a4011の記事 」 一覧

工事現場・建設業でのAED導入のポイント。雇用対策にAED導入を活用

業務を原因とした負傷・疾病・死亡(労働災害、労災)による死傷者数は平成29年(2017年)には約12万人にのぼり、そのうち約1千人が死亡しています。 建設業の死亡者数は全業種の約33%になり、もっとも ...

無料でAED貸出を行っている自治体リスト【AEDの短期レンタル検討中の方へ】

2018/08/18   -AEDのレンタル

AEDが世間で認知されるにつれ、数日のイベントでもAEDを用意すべきだという認識も広まっています。 そのような場合には、AEDの短期レンタルを検討することが多いと思いますが、実は多くの自治体ではAED ...

マンション・自治会へのAED導入のポイント。自宅での救命率を向上させるには?

心肺停止の発生場所で最も多いのは実は自宅です。その割合は全体の60%にも達しますが、集客の多い施設や企業に比べると個人でAEDを導入するのはハードルが高いのが実情です。 しかし、マンションや自治会単位 ...

保育所・幼稚園でのAED導入のポイント。窒息・誤嚥・溺死・アレルギーなどの事故対策。

園児たちへの保護責任があること、また危機管理を怠ると法的な責任が問われる可能性があることなどから、保育所や幼稚園でもAEDの導入は必要になってきます。 この点については、下記の記事で解説しました。 参 ...

保育所・幼稚園にAEDは必要なのか?訴訟リスク、マニュアル作成の必要性など。

全国的にAEDの配置が進む中で、AEDの導入を検討する保育所や幼稚園も多くなってきています。一方で、乳幼児の心停止発生頻度は低いので保育所や幼稚園へのAED導入の必要性は低いという意見もあります。 確 ...

全国のAED補助金・助成金リスト【AEDの価格で悩んでいる人向け】

多くの自治体などではAED普及のために、AED導入の補助金・助成金が用意されています。 こうした補助金を利用すれば、AED導入のネックとなる価格面での問題をクリアすることができます。AEDには公的なイ ...

【購入前に要確認】AEDの価格を抑えて購入する方法とは?

AEDを導入するにあたって、多くの人が悩んでいるのがその価格です。 AEDの価格は一台およそ20〜30万円。購入するには慎重にならざるを得ない価格です。 逆に言えば、価格面さえクリアできれば、AEDの ...

AEDはどこで購入できるのか?失敗しない販売店選びのポイントなど

AEDを購入しようとしても、まず「どこで売っているのか?」それがわからない場合も多いと思います。 AEDは医療機器ですので、その販売網は医療機関向けの特殊なものでした。しかし最近ではネットや量販店など ...

【AED導入】購入とレンタルのメリット・デメリットを比較

2018/06/23   -AEDのレンタル

AED導入の形態には大きく分けて、購入とレンタルの2つがあります。 どちらにもメリットとデメリットがあり、どちらを選ぶかによって、価格だけではなく、機種の選定や保守管理にも影響が出てきます。 導入時の ...

AEDのリースとレンタルはどう違うのか?

2018/06/22   -AEDのレンタル

AEDにはリースもありますが、一般的な購入形態と違い、どういう仕組みなっているのかわかりづらいものです。また、同じように月々支払う形でレンタルという形態もあります。 この2つの形態はどう違うのでしょう ...

Copyright© AED導入のヒント , 2021 All Rights Reserved.